ベストバリュースタイル コスパ高すぎなフルスペック ゲーミングチェア

3 min

大きく変わる社会の変化とともに、自宅にいる時間が増えてきました。

そんな中、在宅で仕事をする方も多いことでしょう。

私は、肘掛けもない事務椅子を使っていたのですが、今回紹介するゲーミングチェアに変えて圧倒的に作業に集中できるようになりました。

わさわさ

わさわさ

ちょっと疲れたら倒して仮眠できるのが最高すぎる。これが家でやりたかった!

ゲーミングチェアの特徴

フルスペック (フル装備) のゲーミングチェアです。

  • ランバー&ヘッドサポート
  • リクライニング機能
  • PU静音キャスター
  • 固定式肘掛
  • 昇降調整機能
  • フットレスト
製品名
サイズ幅 64×高さ115-131 × 奥行70-125cm
重さ約19kg
ホワイト / ブラウン / ブラック
耐荷重約110kg
リクライニング角度90°〜130°
昇降機能座高面 45cm 〜 55cm
梱包サイズ幅 79 × 高さ56 × 奥行25cm

作業やゲームを快適にする機能を装備。

出典:ベストバリュースタイル
機能2
出典:ベストバリュースタイル
機能3
出典:ベストバリュースタイル
バケットシート

身体を包み込む座り心地

フットレスト

足を伸ばしてリラックスできる

ヘッドレスト

頭をソフトに支えるクッションで取り外し可能。

背もたれ高さ調整

ヘッドレストの位置がぴったりと決まる、細かい調整機能。

ランバーサポート

ベストポジションで身体に沿ってフィットで取り外し可能。

アームレスト

長時間のデスクワークなどを快適に過ごせる高いクッション性。

ゲーミングチェアを組み立ててみよう

わさわさ

わさわさ

作業中は床が傷つかないように、箱に入っている緩衝材を下に敷いておくといいよ。

どーんと大きなダンボールが届きました。約19kgあるので持ち運びに腰を傷めないように注意しましょう。

製品箱

部品は白い緩衝材につつまれているので、この緩衝材を床に敷いておきます。

箱オープン

中を全部出してみました。

パーツ

ネジや工具がセットになっています。他に工具を用意する必要はありません。

ネジはなくさないように一つずつ取り出しながら使うといいかもしれないですね。

ツール
わさわさ

わさわさ

ここから組み立てだよ。楽しんでいこう!

まずは、土台となるチェアの足を組み立てていきます。説明書どおりにやっていきましょう。

足パーツ

星型のパーツに足を差し込んでネジ止めします。

足ネジ止め

下側から見るとこんな感じ。緩みのないようしっかりネジを固定します。

足裏側

足の先にキャスターをつけたら、椅子のポールを真ん中にドーンと差し込みましょう。

わさわさ

わさわさ

キャスターはグッと奥まで差し込もう。

ポール

ここで、チェアの底部分にフットレストを固定。

フットレスト

こちらもしっかりと固定していきます。

フットレスト穴

リクライニング調節するパーツも付けておきます。

調整パーツ

座面と、足をドッキング。

ドッキング

ヘッドレスト、ランバーサポートもバンドで固定。

これで、組み立ては終了です。

わさわさ

わさわさ

開封から約45分くらいで完成!撮影しながらだったので少し時間かかったかも。

快適に作業できるチェア

座面の右下にある レバーを押すことで、リクライニング・座面の昇降ができます。

  • RCLレバー リクライニング
  • LIFTレバー 昇降

リクライニング

背もたれは90°から130°まで倒すことができます。

90°
90°
130°
130°

座面昇降

座面高45〜55cm まで調整ができます。

アームレスト

肘を置いて作業ができるので疲れにくくなります。結構がっちりしてるので安心です。

フットレスト

座面の下にフットレストが折りたたむように収納されているので、引っ張り出せます。

ゆったりと足を伸ばすことができますね。

よいところ・気になるところ

よいところ
  • コスパが非常に高い
  • フルスペックのゲーミングチェア
  • 安っぽさはなく、細部も丁寧な作り
気になるところ
  • もう少しリクライニングを倒したい
  • シートの素材がやや固め

この価格でこのクオリティならかなり満足できる造りでした。

ふつうこの価格帯ならペラペラな素材が使われてもおかしくないのですが、全然安っぽく感じないし合革にもハリがあってむしろ質感がよいです。ちょっと触った感じが固いかな?と思いますが私はこっちのほうが好きですね。

組み立ても特に難しいところはなく説明書を見ながら女性でも一人で組み立てられると思います。

あとは、傷つきにくいキャスターになっているとはいえ床にマットを敷いたほうがよさそうな気がしました。

ベストバリュースタイル ゲーミングチェアまとめ

  • コスパがかなりよい
  • 組み立ては一人で30分くらい
  • フルスペックで機能も充実

ゲームをほとんどしない私にとってはゲーミングチェアなんて無縁だと思っていたのですが、こんな安くてゲーミングチェアが手に入ることに驚きです。

イメージとしては5万円前後するのかなと思っていました。

こんなに機能がついて1万円台で買えるのでいい時代になったなと感じます。まさにテレワーク時代にぴったりだなと。

包み込まれるような安心感とゆったりできるリクライニングで、作業に集中しつつ、疲れたら軽く休憩できるようになりました。いままではソファとかベッドに行かないと休んだ気がしなかったですからね。

ゲームをする人だけでなく、パソコンなど自宅で使うユーザーにおすすめできます。

デザインもシンプルでオフィスでも使えそうですね。

わさわさ

わさわさ

一日に何時間も座るならゲーミングチェアは必須だね。もっと早く気づいていれば…!

関連製品

関連記事

関連記事