【レビュー】LUNE 4Kモバイルディスプレイ mac対応 軽量でタッチ操作もできる

4 min

Goods Life より 4K対応モバイルディスプレイ「LUNEルーン」のクラウドファンディングが行われています。

3月30日まで Makuakeマクアケ で応援購入できますので要チェックです。

わさわさ

わさわさ

クラウドファンディングは、オンラインショッピングと違ってプロジェクト完了後になるので届くまでしばらくかかるよ。一般販売より安く早く入手できるのがメリットだね。

どんなディスプレイ?
ディスプレイ
  • 4K (3840 x 2160px) IPS精細画質
  • macOS もタッチパネル化できる
  • USB Type-C ケーブル 1本で使える
  • 重さ1,000g以下、薄さ4.7mm で持ち運びに最適

4K対応軽量ディスプレイ

記事執筆にあたり製品をお借りしています。

LUNE ディスプレイの特徴

「LUNE」は14インチ15.6インチの2サイズあります。

LUNE 共通スペック
パネルIPS
入力電源USB Type-C (PD3.0)
消費電力20W
タッチスクリーン10点
視野角度178°
スピーカーあり
輝度350cd
液晶サイズ別
液晶サイズ14インチ15.6インチ
解像度4K (3840 x 2160px)4K (3840 x 2160px)
重さ900g1,100g
大きさ横322 x 縦208 x 厚4 mm横355 x 縦225 x 厚4 mm

LUNE ポータブルモニターの外観をチェック

製品箱
製品の箱
同梱物
  • USB Type-A – USB Type-C ケーブル
  • USB Type-C – USB Type-C ケーブル
  • ミニHDMI – HDMI ケーブル
  • 電源アダプター
  • 液晶保護フィルム
  • クリーニングクロス
  • タッチペン
  • ユーザーマニュアル

ケーブルやアクセサリ類はそれぞれ個別の箱に入っています。

内容物
USB-C ケーブル
USB C – C ケーブル
miniHDMIケーブル
ミニHDMI – HDMIケーブル
a to c
USB A – C ケーブル
充電器
充電器

タッチ操作ができるので、ディスプレイを保護するフィルムが入っています。

フィルム

タブレット端末のようにタッチペンで操作できます。付属の電池を入れて使います。

ペンの内部

一般的なボールペンとサイズがだいたい一緒なので握りやすいですね。

タッチペン
リムーバー

交換用のペン先もあるのがうれしいところ。

USB Type-C ケーブルを利用して、LUNEへの給電、そしてノートパソコンからのディスプレイ入力ができます。

そのほか、miniHDMI、microUSBもついています。

わさわさ

わさわさ

接続ポートがあるところは、スタンドになっていて角度も自由に変えられるよ。

左側

ディスプレイの設定は本体右のパネルからできます。

右側

スタンドの背後にはスピーカがあります。

スピーカー

最大までスタンドを立てた状態です。

90°

厚みは5mm程度とかなり薄いです。(スタンド部は別)

厚み

15.6インチで重さは約980g。このサイズのディスプレイではかなり軽いです。

ディスプレイ重さ

LUNE 専用ケース

別売りのケースも応援購入可能です。

ケース

このようにディスプレイを入れて持ち運べますよ!

ケースの中

サイドにポケットが一つついていているので、ここにケーブルなどを収納できます。

サイドポケット

Macbook Pro と使ってみる

手持ちのノートパソコン Macbook Pro 13インチに接続して、セカンドディスプレイとして使ってみます。

わさわさ

わさわさ

外部ディスプレイがあると作業がはかどる〜

このMacbook Proの場合は、USB Type-C ケーブル一本つなぐだけで使えます。

LUNE自体にはバッテリーはついていません。

Macとともに

ノートパソコンのバッテリーが心配な場合は外部からLUNEの USB Type-C ポートへ電源供給してあげましょう。

わさわさ

わさわさ

モバイルバッテリーからも給電可能だよ。

LUNEの充電、接続端子は左側にあるので、ノートパソコンの端子類も左側にある場合はケーブルをディスプレイの後ろを回す形になります。

ケーブル取り回し
LUNEを充電している

LUNEを充電器に接続すると、Macbook Pro にも給電されます。Mac側では90Wで認識されました。

横から見ても問題なく視認できますね。

IPS液晶なので視野角は 178° と広い!

斜めから

LUNEを上から見るとこんな感じです。

上から見たところ

画質はさすが4Kなので精細です。通常利用するには4K(3,840x 2160px)では文字が小さすぎて実用的ではないかな?と感じます。

14インチや15.6インチであればディスプレイは2K(2560 x 1440px)程度にしておいたほうが作業はしやすいと思います。映画を見たり、動画・画像編集するのには4Kは最高です!

解像度

macOS でタッチペンが使える

Windows でタッチパネルが使えるのはよくありますが、macOSでタッチ操作ができるのは珍しいのではないでしょうか。

遅延も気になるほどではなく十分使えるレベルです。

下記の動画にて macOSでペイントアプリを使っている様子を撮影してみました。ディスプレイは80°くらいに立ててある状態です。

タッチペンを使った時に、ディスプレイの角度が高めだとガタガタと動いてしまうので、ディスプレイを片手で押さえるか寝かせたほうがいいかもしれません。

わさわさ

わさわさ

10点のマルチタッチ対応なので、指で操作するときはタブレット端末のように二本指でウィンドウをスクロールできるよ。

液晶の設定LUNEの正面から見て右側手前のボタンが電源ボタンになっています。

ディスプレイの設定をする場合は、2つ目のダイヤルを前後に押します。ダイヤルを前後に動かすことで選択位置を移動可能ですよ。

タッチ操作でもメニュー操作できます。

ダイヤル

LUNE モバイルディスプレイ まとめ

よいところ
  • 4K液晶で高精細
  • ケーブル 1本で使える
  • 1kgを切る軽さ
気になるところ
  • VESAマウントはない
  • 接続端子類は左側にある

総合評価:9 / 10

10

画質

9

携帯性

8

コスパ

9

使いやすさ

ディスプレイには折りたたみのできるスタンドがあるので、ケースからサッと取り出してすぐに使うことが出来ます。パソコンとの接続もUSB Type-C ケーブル一本で表示できるので手軽でした。

タッチパネルなのでイラストを書くもよし、ビジネスでプレゼンに使うもよしと用途を選ばずマルチに利用できます。タブレット端末のように自動で画面の向きが回転するので相手に見せるのにも適しています。

ただ、モニターアームにディスプレイを固定するVESAマウントはないので、デスクに置いて使うのがメインとなります。

スマホの画面をケーブル1本でミラーリングできる機能もあるようですが、残念ながらスマホが対応していなかったので確認できませんでした。スマホの画面を大画面で見たい時に便利ですよね。

個人的にはMacbook Proをタッチ操作できるのが新鮮で、いつも手元に置いておきたいなぁと思う製品でした。

わさわさ

わさわさ

室内ではもちろん、外出先でも使いやすいのがうれしいポイント!4Kに対応しているので細かい作業もできちゃう。

4K対応軽量ディスプレイ

関連記事