乾きにくい冬・雨の日に活躍する 靴乾燥機【脱臭もできる】

2 min

冬や雨の日に靴を洗うとなかなか乾かないので、翌日靴を履こうと思っても難しいですよね。

わさわさ

わさわさ

靴を洗いたいけど冬はなかなか靴が乾きにくいよね。

コインランドリーで乾燥させる方法もありますが、紹介する製品は自宅でワンボタンで靴を乾燥できます。

お子さんのいる家庭や、すぐに靴を乾燥させたい!という場合に最適ですよ。

機能
くつ乾燥機の特徴
  • 120分程度で乾燥できる
  • オゾンで脱臭
  • 開始時間を予約 (30分〜24時間)
  • 靴箱に収納できるサイズ

靴乾燥機でシューズを翌日履ける

製品箱
製品の箱

使わないときは、風が出るチューブを折り畳めます。

折りたたんだ状態であれば高さも靴より低いので、靴箱に収まります。

大きさ

チューブを上に向けて立ててみました。長さはだいたい30cmくらいです。

ここに靴を刺すようにして引っ掛けます。

アームを立てた状態

製品の底側はこんな感じです。

底面
タイマー
  • 感想 ON / OFF
  • オゾン ON / OFF
  • 予約 ON / OFF
  • 時間 + / –
操作パネル

チューブは3段階に伸ばすことが出来ます。

チューブ

靴を洗ったら、水を切って新聞紙などで水が垂れなくなるくらいまで拭き取っておきます。

シューズをチューブに引っ掛けたら、乾燥ボタンを押して乾燥を開始です。靴紐は着けたままでも大丈夫ですよ。

時間を延長したいときは、時間ボタンを押しましょう。

さまざまな靴に対応
  • シューズ
  • ブーツ
  • 靴下
  • 手袋
シューズを乾燥させる

温風が出ているところを計測器で計ってみました。40°以上の温かい風が出ていることを確認できました。

乾燥温度
わさわさ

わさわさ

脱臭を同時にしたいときはオゾンボタンを押してみよう。最大20分まで使用できるよ。

オゾンを発生させているときは、「ジジジ」という音がしますがこれは正常です。

乾燥までだいたい120分程度かかりました。

靴の素材などによっても変わってくると思いますが、夕方に乾燥させておけば寝る前には乾燥が終わっていますよ。

靴箱に一台あると便利な靴乾燥機

よいところ
  • 値段が安い
  • 2時間程度で靴を乾燥できる
気になるところ
  • 夜中に動させると音が気になる

この靴乾燥機は2000円ちょっとなので、お子さんのいる家庭であれば一台あると重宝しますよ。

雨の日でドロドロになった靴を乾かしたり、翌日どうしても履きたい靴などをすぐに乾燥させることが出来ます。

オゾンは少し臭わなくなったかなというくらいで過度な期待は禁物ですが、脱臭効果もあります。

やや動作音がするので靴乾燥機を動かしている横で寝るのは難しいかなと思います。

靴箱に入るサイズなので、使いたい時にサッと使えるのはメリットです。

関連記事