XCY 激安ミニPCにVMWare ESXi とWindows10 をインストール

5 min
XCYアイキャッチ

Aliexpress で激安の ミニPCを購入しました。

中国の XCY というメーカーです。

XCY

スペック

  • Celeron J1900 4コア 2.0Ghz
  • USB3.0 x1, USB2.0 x3, HDMI, VGA, Gigabit LAN
  • マイク・スピーカー端子
  • mSATA and 2.5 inch SATA SSD/HDD
  • DDR3L 1333/1600MHz 1.35V

メモリなし、WiFiなしで約11,000円の構成

Core i3、i5ならこちらのほうがおすすめです。

別途 mSATA SSD とメモリ8GBを購入しました。

全部の合計は約18,000円です。

XCY ミニPC セットアップ

香港から出荷され12日後に到着しました。DHL便です。

DHL

製品の箱はシンプルです。

製品の下に電源コードなどが入っています。

電源コード

電源コード

テレビの裏などに設置できるVESAマウント付きです。

VESA

マニュアル (英語)

マニュアル

手のひらに乗るくらいの大きさ

手のひらサイズ

製品正面。Aliexpressの商品画面と同じでした。中華製品は商品イメージと違う場合があるのですがそのままです。

  • USB3.0 x1
  • USB2.0 x3
正面

背面パネル

  • Gigabit LAN
  • VGA
  • HDMI
背面

底面

VESAマウントが取り付けられます。角にカバーをはずためのネジがあります。

底面

上面

ギザギザしています。金属感が強いです。

上

パーツの取付け

本体とは別にmSATA SSDと2.5インチHDD、メモリを取り付けます。

8GB 低電圧メモリ

メモリ

mSATA 120GB SSD

mSATA

中古の2.5インチ HDD 1TB

2.5インチHDD

底面のネジを4ヶ所外してカバーを取ります。

ネジ

ネジを外しました。

ネジ

カバーを外した状態

お弁当箱みたいです。側面のカバーは上に引っ張ると取れるので注意。

カバー外した状態

メモリスロット

メモリスロット

メモリ挿入後

メモリ

mSATAは長い方に設置しました。ネジはありますがネジ穴がないので右端が浮いています。

mSATA

2.5インチHDDをSATAケーブルに繋ぎました。

SATA

HDD入れるとかなり窮屈です。固定ができないのでちょっと心配です。

mSATAだけのほうがいいかもしれないですね。

完成版

あとはフタを閉めてネジをすれば完成です。

HDDをつけると裏のエアフローが死にます。

底面

エラー連発、でも動いた

あとは、キーボードやらマウスやらディスプレイにHDMIにつなげて、電源を入れます。

USBブート

普通にESXi のiso からUSBブードディスクを作って、インストールしようとしたら

エラー1
Relocating modules and starting up the kernel

というエラーが出て止まってしまいました。

調べてみると、ESXi のブートオプションを付ける必要があるようです。

起動時に Shift + o (オー) を押すとオプションを入力できるので、コマンドの最後に

ignoreHeadless=TRUE

と入力すると、なんとかインストール画面までたどり着くことができました。
しかし、またエラーが出ました。泣きそうです。

エラー2
No Network Adapters

ESXi 6.7ではRealtekネットワークカードが認識されないようです。

一時諦めてWindows10をそのままインストールしたときにNICを確認してみました。

RTL8168 です。

その後、他の方のintel NUC などでトライしたページを参考にさせてもらいなんとか動きました。

RealtekのNICのドライバーを組み込んだESXi 6.7のカスタムイメージを作成する

ここを見ながらESXiのカスタムイメージを作成します。

カスタムISO

ISO が出来上がるので、RufusでUSBメモリにブートディスクを作成します。

ESXi が起動したら shift + o を押してブートオプションを追加します。

最初からコマンドが入力されているので末尾に「ignoreHeadless=TRUE」を追加すればOKです。

ignoreHeadless=TRUE
インストール

ここまでくればあとは普通にインストールするだけです。

root パスワードを設定して、インストールするディスクを設定しましょう。

インストール完了後、USBメモリを抜いてリブートします。

また起動時にshift + o でブートオプションを入力する必要があります。

no-auto-partition bootUUID=xxxxxxxxxx<strong> ignoreHeadless=TRUE

ESXiの起動時のエラーを回避

ESXi インストール後に再起動すたびにブートオプションを入力するのは面倒ですよね。

このエラーを永続的に回避するには ESXiシェルやSSHなどからコマンドを打ちます。

こちらのページを参考にしました。

ESXi 6 install stuck on “Relocating modules and starting up the kernel…

ESXi が起動した状態で F2を押して 設定画面に移ります。

Trouble shooting  options > Enable Shell

ESCで最初の画面に戻り Alt + F1 キーを押してシェルに入ります。

root / 設定したパスワード

こちらのコマンドを入力

esxcfg-advcfg --set-kernel "TRUE" ignoreHeadless

//設定されているか確認

esxcfg-advcfg --get-kernel ignoreHeadless

ignoreHeadless = TRUE となればOK。

exit して Alt + F2 でシェルを抜けます。

リブートして問題なく起動できれば完了です。あとは普通に使えます。

Windows 10をインストール

ESXi に表示されているIPアドレスにブラウザでアクセスします。

ESXi アドレス

他のPCからアクセス

ログイン

root / 設定したパスワードでログイン

ESXi ライセンスキーを入手して入力しておきましょう。

ESXiライセンス

Windows10 のISOを入手してインストール

Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード

MicrosoftのページからWindows10のISOイメージをダウンロードします。

注意
  • 2018 October Update
  • 2018 April Update

2種類ありますが、April update をダウンロードしてください。October Update バージョンだとエラー頻発でインストールできません。

Windows10 エディション

データストアでストレージを構成した後、Windows10 のISOイメージをアップロードします。

windows10 iso

仮想マシンを新規作成します。

新規仮想マシン

OSはWindows10を選択

Win10

インストールするストレージを選択

インストール先

最後に、割り当てる構成をカスタマイズします。

120GBのSSDでしたが、97GB以上だと起動できませんでした。

サウンドカードを追加したり、USB3.0に変更したりして、「CD/DVDドライブ1」に先程アップロードしたWindows10のインストールディスクを指定して、右の接続にチェックを入れておきます。

win10構成

あとは起動して設定していきます。

Windows10インストール

と思いきやネットワークに繋がりませんでした。

アクション > ゲストOS > VMWare Tools

VMWare tools をインストールしたらネットに無事繋がりました。

DNSの設定

ネットワークとインターネット > 状態 > アダプタのオプションを変更する >  プロパティ > インターネットプロトコル バージョン4

DNS 8.8.8.8 / 8.8.4.4

おつかれさまでした。

ASRock のミニベアボーンも人気ですよ!

VMRC をインストールしてブラウザを使わず操作する

Windows 10 Proであればリモートデスクトップを利用できます。

クライアントソフトをインストールすることでWindows でもMacでもiPhone、Androidなどから操作することが可能です。

もう一つの操作方法として、VMWare Remote Console を使う方法があります。

VMRC ダウンロード

こちらからWindows、Mac 用の ソフトをダウンロードします。

VMRCの使い方

このソフトは単独で開いても何も起こりません。

ブラウザで以下のようなコマンドを入力すると仮想マシンが開きます。

ブラウザでURLを開く

vmrc://[email protected]/?moid=yy

root はESXi の管理者名

IPアドレスはESXi上のOSのものを指定

moidはESXiをブラウザで仮想マシンを開いた時に表示されるURLをチェックします。

moid

ESXiのユーザー名とパスワードを要求されるので入力します。

ターミナルから開く方法

または、ターミナルなどからコマンドを入力して仮想マシンを開けます。

open /Applications/VMware Remote Console.app vmrc://[email protected]/?moid=yy
VMRC
関連記事