ESXi にXPenology をインストールしてNAS化する

2 min

VMWare ESXi 上に XPenology をインストールします。

XPenology は Synology NAS を普通のPCでも使えるようにしたソフトです。

私はSynology NASを所有しており、不正使用を助長するものではありません。

夢の中で、テスト的にXPenologyが動くか実証している記事です。

よい夢が見れたら実機を買いましょう。Synology のNASはとても使いやすいです。

VMWare ESXi 環境を構築

VMWare よりアカウントを作成したあと、ESXiのインストールisoファイルをダウンロードして、VMWare Workstation Player や、実機にESXiをインストールします。

インストールはとくに難しくないので省略します。

ESXiログイン

XPenology をダウンロード

XPenology の ova をこちらからダウンロードします。

作業用PCのデスクトップでもどこでもいいので展開しておきます。

ブラウザでVMWare ESXiにログインしたあと 「仮想マシンの作成/登録」から新しい仮想マシンの作成をします。

「OVAファイルまたはOVAファイルから仮想マシンをデプロイ」を選択

新規作成

展開して出来たフォルダの中身をドロップします。

ovaインポート

これはそのまま「次へ」

データストア

これもそのまま「次へ」

オプション

構成を確認後、新しい仮想マシンが立ち上がります。

仮想マシンをクリックすると、コンソール画面が立ち上がります。

「http://find.synology.com」にアクセスすると、XPenologyを自動的に探してくれます。

find

XPenology にアクセスして設定

find my xpenology

find.synology.com で自動的にNASを検出するので「接続」します。

管理アカウント

管理者のアカウントを作成します。

アップデート

DSM (管理ソフト) のアップデートの画面はとりあえず手動にしておきます。

quickconnect

QuickConnect は外部からアクセスしやすいようDDNSを設定することができます。ここでは一番下のスキップをして省略します。

これで設定は完了です。

DSM

DSMのデスクトップ画面が表示されるので「コントロールパネル」> 「更新と復元」からDSMをアップデートします。

DSMアップデート

更新には10分程度かかります。アクセスできない場合はESXiの仮想マシンを再起動(リセット)しましょう。

保存領域を作成

このままだとデータを保存できないので、ディスクを割り当てます。

「メインメニュー」 > 「ストレージマネージャー」> 「ストレージプール」

メインメニュー

続いて 「ボリューム」> 「作成」

ストレージプール
容量割当

適当に説明を入れて容量を割り当てます。

ファイルシステム

Btrfs か ext4 好きなファイルシステムを選択。

これで導入は完了です。

関連記事